秘境・小幌駅

今日は豊浦町にある『小幌(こぼろ)駅』に行ってきました。
JRに乗らないと辿り着けない駅なので、まず礼文駅に向かいます。
ヨモ 08.30
無人駅で周辺には郵便局と民家が何軒かあるだけです。
ヨモ208.30
礼文と小幌駅の間は山あいで、水田が広がり、長いトンネルが一つあります。
ヨモ308.30

ヨモ408.30
長いトンネルとトンネルの間にある駅で、一般道からは来る事ができません。
列車のすれ違いをさせる信号場として昭和18年に開設され、旅客も取り扱っていました。
当時は海水浴場の利用者が数多くいて、沿岸沿いには民家もちらほらあったそうです。
昭和42年に信号場としては廃止になり、仮乗降場として旅客取り扱いを継続しました。
昭和62年に国鉄民営化に伴い駅に昇格します。
三方は山に囲まれ、一方は海に面しています。
折り返しの電車まで2時間半ほどあるので海岸に行ってみました。
海岸に出るには細い道を辿っていきます。
ヨモ508.30
駅から20分ほど山道を歩くと『文太郎浜』に出ます。
ヨモ608.30
そこには岩屋観音があり、小さな祠が建っています。
仮番屋みたいのもありました。
この岩屋観音の裏にも海岸があり『美利加浜』と言うそうです。
私たちが小幌駅に降りた時、10人ほど一緒に降りたのですが他の方はそっちの浜に降りたようです。
ヨモ708.30
海岸にはメノウやシーグラス(ガラスの破片)、陶片(陶磁器の破片)、碁石みたいなツルツルの石が
たくさん落ちていました。
その中で、特に模様が可愛い陶片をいくつか持ち帰りました。
1時間ほど海岸で遊んで、お昼食べてから駅に戻りました。
ヨモ808.30

ヨモ908.30
上り・下りの特急が駅を通過していきます。
誰かが書いたであろう、石のオブジェ。
ヨモ1008.30
中々、趣き深いです(笑)
長万部行きの列車が入ってきました。
ヨモ1108.30
30人ほどの乗客が降りてきました。
ヨモ1208.30

ヨモ1308.30

ヨモ1408.30
その後も貨物列車や特急が駅を通過していきました。
実はこの駅、10月で廃止される予定なのです。
保守のコストもかかるし、乗降客がいないからだそうです。
だからちょっと行ってみたいと思ったのです。
廃止が決まったからなのか、私たちが帰る列車には50人ほど乗車してました。
何にもない駅でしたが、とっても面白かったです。


br_decobanner_20100323232103.gif
人気ブログランキングへ
一日ポチっとお願いします。

テーマ : 独り言
ジャンル : ブログ

FC2カウンター

プロフィール

ヨモすず

Author:ヨモすず
多趣味の主婦

ヨモ(♀)奥の子
2008年07月15日生まれ
札幌の保健所主催の譲渡会を経て
うちに来た子
ビビりだけど根は優しい
2013年5月半ばに腫瘍が見つかり
余命半年と告げられる
7ヶ月の闘病ののち
2014年01月28日23:15頃
虹の橋を渡りました。
享年5歳

ルフナ。(♂)手前の子
2009年05月20日生まれ
札幌の乗馬クラブで生を受ける
里親募集を経てうちに来る
ビビりだけど気が強い(と思っている)
しつこいくらい鳴く
空気が読めない困った性格(笑)

いくつになったの?

最新記事

カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

人気ブログランキング

ペット人間化メーカー(ルフナ。)

人間ペット化メーカー(すず)

人間ペット化メーカー(りん)

ミンネ

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

フリーエリア