07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

今年最後のお茶会

2012年 12月17日 23:18 (月)

日曜日は今年最後の茶譜の日でした。

土曜日の夜は茶譜の常連Mさんと『ワインバー AOC』さんで
楽しく飲んできました(Mさんはお酒は飲めません)
ヨモ 12.17
ドライフルーツとチーズの盛り合わせ。
カマンベールチーズとブルーチーズにあんずやドライトマトなどがキレイに
盛り付けられています。
ドライトマトはパウンドケーキなどに使われるレッドチェリーのように
甘くて美味しかったです。
他にも生ハムの盛り合わせや合鴨のロースト、ポルチーニ茸のリゾットなどを
注文しましたが、どれもとっても美味しかったです。
お料理の値段も800円から1500円とリーズナブルです。
ワインの他に日本酒も2~3種取り揃えてあります。
美味しすぎて二人で涙ぐんでました(笑)

今回のお茶会のテーマは『台湾茶を愉しむ』です。
1煎目は『貴妃蜜香烏龍茶(キヒミッコウウーロンチャ)』です。
ヨモ212.17
10年ほど前に発生した台湾大地震で茶樹がダメになり、さらに害虫である
ウンカの大発生も重なり相当なダメージを受けました。
捨てるのは勿体ないので農家さんが飲んでみたところとても美味しくできたそうです。
ヨモ312.17
ふわっと甘い砂糖菓子の様な香りの後、干しブドウの様な香りに変わります。
味は薄く淹れたほうじ茶のような焙煎がかったすっきりした味わいのお茶でした。
2煎目は『凍頂烏龍茶老茶(トウチョウウーロンチャラオチャ)』です。
ヨモ412.17
30年物のお茶で、今では発酵を促す揉む作業を機械で行っていますが、
10~15年前までは機械がまだなく手作業で行っていました。
凍頂烏龍茶と言うともっと丸い形なのですが、細長いのはその為なのです。
老茶は出来の良い茶葉を何年も寝かせ、3~4年毎に焙煎をかけたお茶の事です。
ヨモ512.17
はちみつや黒糖を思わせる甘~い香りの後、プルーンの様な少し酸味がかった香りに変わります。
飲んでみると薄く淹れたプーアル茶の様な味わいで香りとは反対に
あっさりしていました。
焙煎をかけているのでほうじ茶みたいなこうばしい味なのかと思ったら、ふわっと酸味と
甘みが混在した味わいでした。
デザートはロールケーキで中のクリームはココナツ入りの生クリームです。
ヨモ612.17
食べるのが勿体なくて躊躇してたら周りの人たちから「食べないの?」って聞かれたので
「勿体なくて・・・」と言うと「食べちゃえば関係ないから」って言われちゃいました(笑)
しっとりフワフワの生地にココナツ風味の生クリームで美味しかったです。
マンゴーとラズベリーの酸味でさっぱりと頂けました。
毎回、珍しいお茶や美味しいお茶を頂けて、デザートもいつも美味しくて
幸せな気分になります。

帰りのJRまで時間があったのでディコヤさんに寄りました。
と言うか限定のワッフルが食べたいので遅い時間にしました(笑)
ヨモ712.17
『冬ワッフル』とメイプルミルクティです。
ベルギー産のチョコレートアイスにイチゴジャムと生クリームがトッピングされてます。
ビターチョコと甘いワッフルが良く合います。

お茶会がある月は少しほっこりと幸せに浸れます。



br_decobanner_20091021231243.gif
人気ブログランキングへ
一日ポチっとお願いします。

テーマ : cafe
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント