ワイン教室-ボトルの形で味の違いを知る-

今日はワイン教室で、ボトルの形で味の違いを知るでした。
ヨモ 04.09
ボルドー型、ブルゴーニュ型、ライン・モーゼル型です。
ヨモ204.09
ドイツやフランス・アルザス地方では細長いライン・モーゼル型が主流で白ワインが多いです。
ブドウ品種のほとんどがリースリング、ゲヴェルツシュトラミネールなどで、ドイツでは甘口、
フランスでは辛口ワインになります。
ブルゴーニュ型は、なで肩で比較的繊細な味わいのワインが多いです。
ボルドー型は、フランスでは長期熟成のものが多く、オリを溜めやすいようにいかり肩に
なっています。
カベルネ・ソーヴィニヨンやメルローを使ったものが主で、しっかりとした味わいのワインが
多いです。
ヨモ304.09
鮭のクリームパスタにはちょっと甘めの白ワインが合います。
ヨモ404.09
デザートにはデザートワインが合います。
150ml~500mlのものがほとんどで、小さいボルドー型です。
アイスワインやソーテルヌと呼ばれるもので、極甘口です。
値段も高いのです(笑)
私も主人も香りが良くスッキリ辛口のワインが好きなので、モーゼル型であるアルザス地方の
ワインを好んで飲みます。
イチゴやラズベリー、イチゴジャムの様な香りが多いブルゴーニュのワインも好きです。
ボトルで産地や味がわかったりするので、自分で好みを探すのも面白いと思います。


br_decobanner_20100313234103.gif
人気ブログランキングへ
一日ポチっとお願いします。

コメント

コメントの投稿

URL
comment
pss
Secret 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://yomo0715ru0520.blog136.fc2.com/tb.php/1647-991c8d59