07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

シークレットお茶会

2014年 12月03日 23:16 (水)

今日は茶譜のシークレットお茶会でした。
M姉さんがエコ茶会で仕入れてきたお茶ですが、10月に行ったお茶会で使用した
お茶以外の茶葉を飲み比べました。
一つ目のお茶は貢眉(コウビ)です。
ヨモ 12.03
普洱茶の様に固めた餅茶で、白牡丹などに分類される白茶です。
ヨモ212.03
今回も9月同様、M姉さんが淹れてくれます。
ヨモ312.03
3年ほど熟成させたお茶なので、白茶とは思えない水色です。
べっ甲飴のような香りですが、すっきりしたクセのない柔らかい味わいのお茶です。
8時からのスタートと言う事もあり、食事がでました。
ヨモ412.03
ガパオライスです。
ライジングサンで提供したものより辛みが抑えられいました。
二つ目のお茶は凍頂烏龍茶の2013年春茶です。
ヨモ512.03
今まで飲んでいた茶葉と違い少し茶色がかっています。
ヨモ612.03
べっ甲飴のような香りからレーズンやプルーンの様な熟成された果物の香りに変わります。
焙煎は欠けてないのですが、ほうじ茶の様な味ですが甘みも感じられるお茶でした。
3つ目のお茶は凍頂烏龍茶の2014年春茶です。
ヨモ712.03
同じ茶園の今年取れたお茶です。
ヨモ812.03
醤油飴のような甘い香りですが、意外とさっぱりとした味わいのお茶です。
デザートはピーナツ汁粉です。
ヨモ912.03
ピーナツのほっこりした甘みと、はと麦や白玉などのモチモチした食感で
美味しかったです。
他の方は先月のお茶会デザートだったスイートポテトでした。
4つ目のお茶は大坪白葉(ダーピンハクヨウ)です。
別名は蜜蘭香単欉(ミツランコウタンソウ)と呼ばれています。
ヨモ1012.03
きな粉の様な香りの後、はちみつの様な甘い香りに変わります。
単欉らしい渋みがキリっとした味わいのお茶です。
5つ目のお茶は饒平白葉(ラオピンハクヨウ)で嶺頭単欉(レイトウタンソウ)とも
呼ばれています。
大豆を炒った様な香りの後に、黒糖の様な濃い香りに変わります。
マスカットや巨峰を思わせる味わいのお茶でした。
6つ目のお茶は鳳凰白葉で白葉単欉とも呼ばれています。
桃の様な香りと味わいのお茶です。
饒平と鳳凰の写真を撮ったつもりで、撮っていなかったようです(笑)

M姉さんが美味しいと思ったお茶は、ホントに美味しくていつも得した気分になります。
同じ凍頂烏龍茶でも収穫した年によって味わいが違ったり、単欉でも種類が違えば
香りや味わいが全然変わってくるので、飲み比べると良くわかったりします。
今回も美味しいお茶とご飯、デザート、いろんな人との会話でとても楽しいお茶会になりました。


br_decobanner_20091026004657.gif
人気ブログランキングへ
一日ポチっとお願いします。

テーマ : cafe
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント